海外と日本の漫画の色々な違い

テレビが白黒だった頃は、ほとんど漫画のような子供向けのものは、初期の頃はなかったのですが、それでもよく見たものでは、トムとジェリーという猫とネズミの追いかけっこの漫画で、白黒でしたが、真剣に見ていたように思います、頭の良いネズミに、単純な猫が、いつもからかわれるという内容で、今のアニメとは全く違う漫画でしたが、当時はそれがアニメであり、漫画だったように思います。その形は、その後も外国では変わらず、それぞれの国で色々なアニメが描かれていましたが、結局は日本の漫画、アニメが世界を席巻したという結果に終わったように思います。

最近は、その雲行きも怪しくなり、海外の作品のほうが注目されだしたような話も聞きますが、その完成度では、やはり、日本の作品のほうが高いように思います。その原因は、たぶん宗教的なものがあるのではないかとも思います。他国の場合には一神教や共産主義という、一神教的な考え方ですが、日本の場合には、価値観が八百万の神という多神教的なものがあり、イメージを自由に使うことができるということが大きいのではないかとも思います。

Copyright 2017 漫画の保管場所について All Rights Reserved.