漫画と色々なジャンルの違い

漫画でも色々なジャンルがあり、その中でも印象が深かったのがオカルト関係とバイオレンス関係の漫画で、私達の子供の頃は、少年マンガでも少女マンガでも、それらが流行りました。特にオカルト関係は、たくさんの作品が出てきたのではないかと思います。私が少年マンガで一番印象に残ったのが、ゲゲゲの鬼太郎や悪魔くん、その後では恐怖新聞などで、その頃から今の漫画の基礎的な部分の構成ができていたのではないかと思います。人間ではないものとの関係で、妖怪や幽霊や守護霊などの、現実の人間では出会えない存在との不思議な接触です。

それは最近のマンガやアニメでは、より人間に近い人格になり、主人公を助けたりする存在になり、友人関係を見えない世界で築いていくという感じが強くなっているようで、昔の人間に害をなすような荒神のような存在ではなく、とても人間的な感情を持った存在として、描かれるようになっているように思います。それも最近の漫画の特徴のように思いますが、とても面白い傾向でもあります。

Copyright 2017 漫画の保管場所について All Rights Reserved.