漫画家の収入の仕組み

漫画家の収入の仕組みってどうなっているのか気になりませんか。漫画家になりたいと思うけれども収入はどうなっているのだろう、儲かるのかなと不安な方はたくさんいると思います。そこで漫画家の収入について説明したいと思います。

漫画家の収入は基本的には原稿料+印税になります。まず原稿料ですが出版社と契約して決めるのでいくらかは人によって違います。当然、人気の作家さんは原稿料も高額になります。次に印税です。印税は書店に刷られた段階で入ります。そして、印税は単行本の価格の10%になります。定価約400円の本なら40円です。つまり定価約400円の単行本が10万部刷られたら、40×10万で400万円の収入になるわけです。なので、ヒット作ともなれば新刊がでるたびに、ものすごい収入を得られるわけです。逆に売れない漫画は新刊がでてもそこまでの収入にはなりませんね。要するに漫画家の収入は、ヒット作を描ければとんでもない額になりますが、人気のない漫画家は全然儲からないというわけです。

Copyright 2017 漫画の保管場所について All Rights Reserved.