小学生のころにはまっていた漫画

小学生のころ、少女漫画にすごくはまっていました。勉強するよりも作品を呼んでいる時間のほうが長いのではないかと思うくらいにハマっており、頻繁に母から勉強をしなさいと怒られたものです。でも本当にあのころの少女漫画はすごく面白かったのです。人気が出たらすぐにアニメなどで放送されたりして楽しさが二倍になっていました。月刊誌に毎月ついている付録もすごく楽しみでした、特に好きな作品の付録は使わずにおいていることがありましたし、応募者全員大サービスも頻繁に応募をしてグッズを増やしていました。

作品だけではなく付録やおまけなどにもはまっていたので、その熱の入れようには母もあきれていました。でも当時の私にとってはすごく楽しい事でした。そして最近、図書館で昔読んでいた少女漫画を見つけました。本当にあのころの思いに浸りたかったのですぐに借りてしまいました。子供の時に読んだ感情と大人になってからわかる描写のとらえ方が違うことに気が付き、さらに面白くなりました。

Copyright 2017 漫画の保管場所について All Rights Reserved.